9月. 15.

厄介な宿題

只今、我が家の子供たちは夏休み中です。
夏休み前半に遊び疲れたのか最近は家にいることも多く、ちょっと面倒くさいです。
真面目に宿題はやっているようなのですが、親も絡まなければいけない宿題も出ていて厄介です。

その内容が
・ブリッジ(親が秒数を数える。)
・親の手にハイタッチ10回。
・肩もみ(200回以上が目標!)
なんです。

健康な我が子は、ブリッジを軽々しくやりのけ2~3分はそのままです。
その間、私はストップウォッチを片手に秒数を読み上げています。

ハイタッチは、私がバレーボールのブロックのように手を上げているところに、子供がジャンプで手をぶつけてきます。
着地の時に足を踏まれたり、手は痛いしその勢いときたら恐ろしいです。

肩もみは、はっきり言って下手くそこの上ないです。
数を数えることに必死になっているのか、手に力がこもっていなくつねられているような状態です。
余計に肩がこります。

体力向上のための宿題らしいのですが、それならこの時期も学校のプールの授業をやってくれればいいのにと思ってしまいます。
体調を整えるには血液が大切です。血液クレンジング 大阪市

http://dcsocialsecuritylawyer.com/

8月. 20.

窓用エアコンの悲しい現実

今台風が接近しています。雨戸の閉まったリビングで過ごしています。
リビングはもうかなり暑くなってきました。それは窓用エアコンしか使っていないからです。
今日はそんなに暑くはならないだろうと思っていたのですが、やはりさすがに夏の真っ只中なので、考えが甘かったかな。
今は雨風が一番ひどい時なので、当然窓を開けるわけにはいきません。しかし、窓を開けないとエアコンが使えない
という悪循環なのです。
今は小さい扇風機を回して暑さをしのいでいるのですが、この分だと間違いなく昼頃には我慢出来なくなるでしょう。
一番いい方法は、寝室でエアコンをつけて過ごす事です。しかしリビングにも、もっといいエアコンが欲しいのですが、
何せ不景気で生活が苦しいもので、なかなか手が出ないのです。
先ほど試しに窓を開けてみたのですが、やはり少しは風が吹き込んでくるのであきらめました。
どうやら、今日は汗を流しながら家族で昼食をとる事になりそうです。あぁ台風よ、早く通り過ぎてくれないかなぁ。
窓用エアコンの悲しい現実です。
福祉関連の仕事はかなり幅が広く、様々な仕事があります。中でも介護の仕事はとても人気が高く、受講する人たちが毎年大勢います。
介護職員初任者研修 介護福祉士になるためには必要な資格となってきます。
ここでスクール選びの仕方を詳しく紹介しています。http://amoriodoscedros.com/